やりがいがあるリハビリテーションの仕事

資格で変わる仕事内容

リハビリテーションでは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の資格を持っている人が、それぞれの役割を果たして病院や介護施設などで患者や高齢者などと向き合っています。それぞれが違う意味がある治療やサポートを通じて、社会復帰を目指したり、毎日健康で元気に生活できるように常にお互いが連携しながら様々なリハビリテーションを提供しています。

理学療法士は基本的な動作能力の回復や維持、それ以上症状が悪化しないために予防などを行います。リハビリを必要としている人は自分の身体が動かないことが多いです。そのようなときに理学療法士が中心となってサポートしていきます。

作業療法士は人が生活をするときに必要な活動ができるように治療や援助をする人です。理学療法士以上に患者や高齢者と細かい部分まで、自分ひとりで生活ができるように、親身になって治療・援助・サポートをしていかなければいけません。

言語聴覚士は聴覚や発声に不安がある患者や高齢者に対してリハビリテーションをしていきます。脳梗塞などの脳卒中の病気になってしまった患者などは、思うように自分の思いを表現することができません。言葉を発したり、しっかり様々な音が聞こえるように言語聴覚士が治療をしたりサポートをしていきます。