やりがいがあるリハビリテーションの仕事

資格を取得しよう

リハビリテーションの職場で必要とされる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は国家資格なので、試験に合格しなければいけません。国家試験の受験資格を満たしていなければ受験を受けることもできません。そのために理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のことを学ぶことができる学校に入って基本的なことから応用までしっかり学びます。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の知識をしっかり学んで受験資格を得てから国家試験を受けて合格することで、初めて医療や介護施設の現場で専門職として働くことができます。まずは学校に通う前に、自分がどの仕事に興味があるのかを理解しましょう。そしてその資格のことを学ぶことができる学校を選ぶようにしてください。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3つの資格は役割が大きく異なります。自分がなぜリハビリテーションの現場で働きたいのかを十分に考えて進路を選ぶようにしてください。高齢者問題や医療現場の改革などに伴い、それぞれの資格を持っている人材を必要としている人の役割が増えていることを理解しておきましょう。そして種類や仕事内容を考慮して、リハビリの仕事に対してやりがいを感じることができるようにしましょう。